20th Anniversary

温故知新 ~薬害から学ぶ~

7. 薬害肝炎事件(平成26年5月 文部科学省 選定作品) 2014年5月制作

薬害肝炎事件はC型肝炎ウイルス・HCVに汚染された血液製剤によるもので、薬害エイズ事件と共通する部分を数多く持っています。

この事件は被害者を入れた委員会形式で検証され、2010年4月に『薬害再発防止のための医薬品行政等の見直しについて』、いわゆる『最終提言』に結実しています。

この映像では最終提言の検証記録に添いながら事件の全貌に迫ります。

DVD版 定価 8,000円(税別)
ライセンス版
(英語版あり)
お問い合わせください
CONTENTS (全27分)
  1. C型肝炎とは
  2. 血液製剤とその被害
  3. 薬害肝炎訴訟と被害者の苦しみ
  4. フィブリノゲン製剤の再評価とリスク
  5. 最終提言とその教訓

DVD版だけでなく御社のイントラネットやe-ラーニングに合わせたファイル形式でご利用いただけるライセンス版もございます。

詳しくは 弊社担当者までお問い合わせください。
Tel: 03-3354-8005